パネットワン official ヨガブログ

おしゃれでかわいいヨガウェアを販売するパネットワンのヨガブログ

「寝たままヨガ」1日10分で驚きの効果

「寝たままヨガ」1日10分で驚きの効果


簡単・お手軽「寝たままヨガ」。忙しい方やストレスの多い方におすすめ!

ヨガは毎日続けることで効果が高まるのですが、
「家では時間がなくてなかなかヨガなんてできない。」
「スタジオなどでヨガをすることはあっても、家ではモチベーションが上がらず、なかなか習慣化しない。」
そんな方が多いと思います。
ところがこの「寝たままヨガ」は、寝るとき、起きるときの横になった状態で「ついでに」「短時間」ヨガをしてしまおう!というところで、習慣化しやすいのです。ヨガマットも不要、ヨガウェアも不要、すぐに始められます。

 

寝る前?起床時?どちらの「寝たままヨガ」が効果的?

ヨガには自律神経を整え、気持ちを落ち着かせてくれる効果がありますが、寝る前のヨガと起床時のヨガは、同じ寝ながらのヨガでも少し意味合いや効果が変わってきます。
どちらの時間帯もおすすめではありますが、ご自身の求めている効果によって使い分けましょう。


〇寝る前は安眠・疲労回復効果


寝る前のヨガは眠りの質を高め、一日の活動で疲れた体や精神を整えてくれます。
リラックスしたい時、疲れていて何もしたくない時などに、副交感神経を優位にすることで、眠りに入りやすい状態を作り、より深い眠りへ導いてくれます。
眠りの質が良くなった結果、翌日すっきりと目覚めることができ、疲れた体をリセットしてくれます。
注意事項としては、ヨガは空腹時に行うのが最適なので、できれば食後2時間は経った状態で行うようにします。

近頃では寝ながらヨガのアプリなども登場しておりますが、こちらは呼吸法や瞑想主体となっております。
寝たままヨガでの瞑想は「ヨガニドラー」と呼ばれ、1時間の瞑想が4時間分の睡眠に相当するそうなのですが、こちらのアプリに関しては、10分も経たない内に瞑想したまま眠りについてしまうと話題です。
できれば、寝たままヨガをした後に瞑想をしてより深い眠りにつくのが理想ですね。


〇起床時は体を目覚めさせる効果


こちらのブログでも朝ヨガについては一度触れさせて頂いておりますが、朝ヨガは特に健康に良いとされています。
起床時のヨガはとても理にかなっています。
ヨガは基本的に胃の中が空っぽの状態で行うのが最良ですので、朝食前の空腹時はちょうど良いのです。
また、寝起きは副交感神経が優位になっておりますので、すぐに活動モードにはなれません。
しかしここでヨガを行うことで、交感神経を優位にし、身体を覚醒させてくれます。
一日の始まりに良いスタートダッシュが切れるということです。
昨年5月にインド政府公認のプロフェッショナルヨガ検定インストラクターに合格した片岡鶴太郎さんも朝活(朝ヨガ)に6時間かけてらっしゃるそうです。


「寝たままヨガ」のヨガポーズ

 

寝たままヨガに使われるヨガポーズには下記のようなものがあります。

橋のポーズ

f:id:panetone:20180720125408j:plain

効果:腰痛・生理痛の改善、ウエスト引き締め、血行促進、精神安定。

 

ワニのポーズ

f:id:panetone:20180720125836j:plain

効果:腰痛・ぎっくり腰の予防、便秘の改善、ウエスト引き締め。

 

魚のポーズ

f:id:panetone:20180720125915j:plain

効果:不眠・肩こり・生理痛の改善。呼吸器系や姿勢の改善。

 

バッタのポーズ

f:id:panetone:20180720125947j:plain

効果:二の腕・背中シェイプアップ、ヒップアップ、肩こり改善。

 

猫の背伸びのポーズ

f:id:panetone:20180720130110j:plain

効果:肩こり改善、肩・腕・背中の血行促進、ウエスト・ヒップのシェイプアップ、内臓機能の促進

 

ハッピーベビーのポーズ

f:id:panetone:20180720130153j:plain

効果:腰痛、疲労、ストレス、不安を緩和し、心を落ち着けます。心拍を下げます。

 

舵のポーズ

f:id:panetone:20180720130435j:plain

効果:ストレス解消、冷え性改善、血行促進、姿勢改善。


どれも寝たままできるヨガポーズです。
知っているポーズがあれば、そこから実践していくのをおすすめします。
またこちらのブログでも追って詳しいポーズのとり方の説明をアップさせて頂きます。


寝ながら瞑想・ヨガニドラー

さて、ヨガポーズの後の瞑想です。
朝はじっくり瞑想する時間が取れない方が多いとは思いますが、寝る前は瞑想をしながら眠りにつくのがおすすめです。

瞑想の際には「仰向けの合せきのポーズ」をとっていただくのもおすすめです。

仰向けの状態で足を曲げ、足の裏を合わせるヨガポーズです。
副交感神経を優位にさせていくポーズで、股関節をゆったり広げることにより、股関節回りが柔軟になります。股関節が柔軟になると心も柔軟になりますので、寝る前に精神を安定させるのにぴったりです。
このまま寝てしまっても大丈夫なポーズですので、ご安心ください。

目を閉じたまま、リラックスした深い呼吸をし、体に残っている余分な緊張感やストレスを開放していきます。
瞑想の方法にはいろいろありますが、呼吸に集中し、頭をからっぽにするだけでもOK。以前こちらのブログにて紹介いたしました「マントラ瞑想」でもOK。なかなか精神統一ができない場合は、瞑想アプリや瞑想用のCDの力を借りても良いかと思います。
ヨガで伸ばした部位の心地よさを感じながら、ぐっすり眠りにつくことができます。

近頃では男性のビジネスマンなども、瞑想を習慣にすることにより、ビジネスの結果を向上させることができると、瞑想の効果に注目が集まっています。

 

ヨガと瞑想を自然に習慣にできる「寝たままヨガ」、あなたも始めてみませんか?

 

「寝たままヨガ」にもおすすめのウェア

今回ご紹介したヨガポーズの写真で着用していたヨガトップス、カップダブルクロスキャミソールは、カップつきではありますが、締めつけ感がなく、おやすみの時にもおすすめです。てろんと柔らかく、肌触りが滑らかなテンセル素材を使用し、吸汗性、速乾性に優れた、しっとりとした生地感でストレスフリーな着心地です。起床時もそのままTシャツやカットソーなどを着て頂いて、一日中活躍することができます。こちらの商品、もうすぐ新色が入荷となります。是非またチェックしてみて下さいね。

 

panet-one.shop-pro.jp

 

ちなみに着用パンツはこちらでした。

panet-one.shop-pro.jp

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました。

 

ヨガウェア通販 Panetone Online shop パネットワン公式